携帯GPS地図『マッピー』提供ブログ用アイコン01 離脱性骨軟骨症の疑い

ピース誕生日の夜。
Sの部屋で寝ていたが、娘が帰宅したのでお誕生日ケーキを食べさせようと、ピースを呼んだ。
その時歩く様子がおかしい事を発見。
変な寝方をしていて足がしびれちゃったのかと、
ピース何やってるの?しびれちゃったの?と笑った。
でも何か変・・・そのうちびっこをひきだした。
明らかに痛いという感じ。
一日様子を見て獣医に行こうと思った。
ひょっとしたら、遊んでいる時何かの拍子に痛めたかなと・・・
そんな気持ちで病院に向かったが、
病名は「離脱性骨軟骨症」初めて耳にする病名。
先生には両肩のレントゲンで説明していただいたが、頭がまっ白になってしまい、
半分は理解できなかった。
ただ、何かの衝撃でなったのではないという事。
成長期に症状がみられるらしい。
この症状を見逃してしまうと、次は5・6歳に痛みが出るらしい。
でもこの歳にはかなり進行してしまうので、手術も大変らしい。

ピースのサインは見過ごさなくて本当によかった。
治療は関節切開か関節鏡による手術。
関節鏡による手術は切開するのも小さく済むらしい。
大学病院での手術。

現在は安静。散歩も用を足す程度。
安静・・・無理!鎮痛剤を飲んでいるので今まで通り元気。
こんな時多頭飼いは大変だとつくづく感じた。
ピースはまだ一歳になったばかり。
大好きな散歩だって思いっきりしたいし、ドッグランでも遊びたい。
バズもルークもその事によって遊びに行けなくなるのは可哀想。
ピースも爆弾抱えて生きていくのは可哀想。
はっきり診断されたら、迷わず手術をお願いしようと思う。
でも何でピースが・・・
本当にへこむ。
[PR]

by buzz_lukemama | 2009-05-28 09:49 | Peace

<< 感謝 Happy Birthday!! >>